Cebuってどこ?なぜCebu?

東京に戻ってきて1週目、とにかくいろいろな方から声をかけられます。その中で必ず聞かれる質問がいくつかあるのですが、その中の一番最初の質問が「Cebuって、そもそもどこですか?」と「なんでCebuなんですか?」のふたつ。

Cebuってどこ?
ここです↓。

フィリピンのほぼ真ん中にあります。首都マニラは北のでっかいルソン島。マニラとセブは地理的にも経済的にも日本でいうところの東京と大阪のような関係で、マニラは首都かつ最大の経済都市で標準語のタガログ語が主な公用語。セブは第二の経済都市圏でビサヤ語という方言がこの一帯から南全般での口語の主流。ちなみにフィリピンは英語も公用語のひとつで学校では英語で授業が行われていたりするので、基本的に町の中のほとんどの表記は広告とかも含めて英語です。ラジオやテレビも英語が多く、現地の言葉とミックスしている場合が多い。

緯度としてはベトナムのホーチミン、タイのバンコクとかと同じなので年間を通じて夏です。東京、上海、香港、台湾、バンコク、シンガポールといったアジアの主要都市へ直行便が飛んでいて4時間前後でアクセスでき、アジア圏のアクセスはすごくいい場所。なので、毎月行ったり来たりするのも、まあできる距離感というわけです。

一般的にはダイビングやリゾートでのバケーションで来る観光地というイメージが強く、セブの空港があるマクタン島にはリゾートホテルが立ち並んでいます。実は白い砂浜の海がきれいなビーチというのは地形上砂浜がほとんどないためあまりないのですが、船で沖にでればダイビングやシュノーケリングを楽しめる離島がたくさんあるので、アイランドホッピングとかが人気の場所です。

なぜCebu?

我が家がセブへの移住を決めたきっかけは去年の夏に妻と娘が語学留学でセブを訪れたのがきっかけでした。もともとは上記のとおりリゾートしてのイメージが強かったセブですが、最近ではDMM等のオンライン英会話のコールセンターがあったり、住みこみで1日中英語漬けで勉強できる英会話学校が人気となっています。

もともとフィリピンは英語は1公用語で香港やシンガポールのように英語を普通に話せるだけでなく、他のアジアの英語圏と比べると圧倒的に訛りもないので、これまでもポテンシャルがあったところにサービスとしてどんどん立ち上がってきているという場所です。なので英語圏の会社のコールセンターもたくさんあります。

で、たまたま機会に恵まれたというか、運命の引き合わせだったというか、再度3月に語学留学に行った際に、新学期に向けた受験シーズンだった現地のインターナショナルスクールや私立校を子供たちが受験したところ合格しました。最初聞いたときには「え?」とさすがに驚きましたが、家族協議した結果、子供たちにとってマルチリンガルでDiversityを感じることができ、気候も人の雰囲気もいい場所に移住してみない手はないということで移住を決意したわけです。受験してから実際に移住するまで、2ヵ月半という超短期間でしたが、まずはやってみようと。

そんな流れで、最初に場所を決めたのでこれは後付けでしかないですが、日本から直行便で4-5時間で来れて、時差も1時間、基本的に1年中温厚な南国の天気で、陽気で子供たちに圧倒的に優しいフィリピンの人たちという環境はすごくいいなと思います。半面、アジアの中でもまだかなりの発展途上国であり、インフラが弱く、交通渋滞が激しく、物やサービスについては日本のクオリティにはほど遠いので、そういった環境での生活を楽しめることが前提条件になると思います。

まあ、良し悪しは人によって感覚違うので、興味持った人にはとりあえず一度来てみるといいよとおすすめしています。百聞は一見にしかず。

 

シュノーケラー養成講座@Movenpick

先週に続いてマクタンでデイユース。今週はMovenpick Hotelでシュノーケラー養成講座の海洋実習。すっかり慣れたもんで、7歳Liliはもう海でも勝手に泳ぎまわる。3歳Danも海でもかわらずぷかぷか上手にシュノーケリングし...

突如、Pocket WiFi 接続できなくなる。。。

リモートワークを始めて1週間、安心したころにトラブルは起きるもの。ランチを食べてさてさてとデスクに戻ってきたらネットに繋がらない。電池が切れたのかと思ったけどそうでもない。データ量も昨日追加購入したばかり。どうもそもそも電波が繋がらないよう...

セブでの週末の過ごし方

セブというとビーチリゾートのイメージですが、フィリピン第2の商業都市でもあり、僕らはそのセブシティ近くのローカルエリアに住んでいるためビーチエリアまでは車で1時間ほどかかります。 ようやく週末のご褒美として子供たち待望...

Work from Cebu開始

セブ生活開始3日目。リモートワーク開始。とりあえずデスクとPocket WiFiで仕事を始められる環境になった。フィリピンはメイドさんを住みこみで働いてもらうのが普通だったりするので、部屋のレイアウトとしてメイドさん用の部屋があります。リビ...

移住2日で生活を立ち上げよ

セブ移住生活1週目。なにはともあれ家の立ち上げ。もともとは1週目はまるまるお休みをとる予定だったのが、どうにもこうにも到着から3日後にはセブでのリモートワークを始ないといけないというスケジュールになってしまったため、最初の2日は超大忙し。。...